Home » まさか保険Blog » プール事故、賠償命令 小1女児死亡、3千万円

プール事故、賠償命令 小1女児死亡、3千万円大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2014.4.13

 京都市左京区の市立養徳小のプールで2012年、1年が溺れて死亡したのは、学校側が安全管理を怠ったためとして、遺族が市などに約8100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は11日、市などに約3千万円を支払うよう命じられた。

 裁判長は判決理由で「教員は誰ひとりとしてプールサイドから児童全体の様子を監視していなかった。事故は教員が監視義務を怠った過失によって発生した」と判断した。

 判決によると、事故は12年7月30日、水泳指導の際に発生。小学生の身長は約113センチだったが、プールの最深は約110センチだった。

このような事故が今後起きないように十分ご注意いただきたいですね。

損害賠償に大きな差があり気になるところであります。

 

 

万が一の備えの保険は大丈夫ですか? ご相談ください。トリトンハウスの損害保険!

comment closed

ご連絡先







Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.