Home » まさか保険Blog » 暴風雪で死亡、賠償命令 遺族に7700万円

暴風雪で死亡、賠償命令 遺族に7700万円大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2014.4.17

北海道豊浦町の道道で08年2月、暴風雪に車が埋まって会社員山本浩文さん=当時(28)=が死亡した事故で、両親が道などに計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は27日、道に計約7700万円の賠償を命じた。

 道側は防雪柵の設置や管理方法を含めて道路管理に問題はなかったと主張したが、長谷川恭弘裁判長は「現場は人家がなく、携帯電話も通じにくい」と指摘し「道には、利用者が危険に遭遇することを防ぎ、できないなら通行止めといった措置を講じる義務があった」と述べた。

 その上で「管理体制に問題があり、山本さんの死亡との因果関係が認められる」と結論付けた。

こんな事でも損害賠償責任を問われる。

まさかの為の保険備えていますか?

 

 

 万が一の備えの保険は大丈夫ですか? ご相談ください。トリトンハウスの損害保険!

comment closed

ご連絡先







Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.