Home » まさか保険Blog » <2月大雪>損害保険金支払いが過去最大に

<2月大雪>損害保険金支払いが過去最大に大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2014.3.29

 損害保険大手、MS&ADインシュアランスグループホールディングスは26日に2月の記録的な大雪による最終的な保険金支払額が、約750億円になる見通しだと発表している。

 東京海上も支払額見通しを約550億円と24日に発表し、2グループだけで約1300億円。未公表のNKSJを含めた3メガグループの保険金の支払総額は、雪害として過去最大になりそうだ。

 今月20日時点でのMS&ADの集計を690億円、東京海上は18日時点で317億円、NKSJも20日時点で169億円としている。いずれも自動車保険は2割未満で、火災保険などが8割を超えた。家屋や工場の建屋などが雪の重みで損傷する被害が多かった。NKSJを除く2グループとも現時点では、業績予想への影響はないようだ。
 日本損害保険協会の二宮雅也会長は、今月14日時点で関東1都7県の雪害被害受付件数が約23万8000件、「過去に例がない規模」と述べている。

 

地球温暖化、自然災害が増えておりますね。環境保全?むしろ環境改善で自然災害をなくして火災保険料の値下げを目指したいものですね。

皆さんの環境への取り組みはどんな取り組みですか?

comment closed


Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.