Home » まさか保険Blog » 高齢者の交通事故、どう防ぐ-“被害者・加害者”にならない「街づくり」

高齢者の交通事故、どう防ぐ-“被害者・加害者”にならない「街づくり」大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2017.2.15

秋田県では人口の高齢化に伴い、交通事故に遭う人に占める高齢者の割合は確実に高まっております。
高齢社会のなかで交通事故を継続的に減らすためには、被害者や加害者などの立場に係らず高齢者の特性を踏まえた交通事故対策が今求められています。
「平成27年交通事故分析」(警察庁交通局)の結果を見ると、交通事故の死者の状態別では「歩行中」が37.3%、ついで「自動車乗車中」が32.1%だ。事故の類型別では「正面衝突等」が29.1%、ついで「横断中」が25.9%と多く「正面衝突等」の場合は約8割が単路(交差点、交差点付近、踏切等以外の道路部分)で発生し、しかも「横断中」では半数が交差点で起こっております。

主な事故発生要因は、75歳未満では「安全不確認」や居眠りなどの「前方不注意」、75歳以上ではハンドルやブレーキ・アクセル等の操作ミスとなっております。買い物や病院への通院などが車の利用が殆どで免許を返上しても生活がままならないということです。

この問題は電車やバスなどのインフラの悪い地方ではとても大きな問題となっております。
今、行政や地域が説教的に課題に取り組んでいく必要がありますね。

 自動車保険の相談をトリトンハウスが受けたまっております。
担当者が不在の事がありますのであらかじめお電話で予約してくださいますようお願い申し上げます。

 元ネタサイト

comment closed

ご連絡先








Copyright(c) 2017 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.