Home » まさか保険Blog » 東京海上、新たな保険金不払い判明 2.5万件規模

東京海上、新たな保険金不払い判明 2.5万件規模大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2014.3.20

 東京海上日動火災保険は2月10日、自動車保険の保険金を支払っていなかった問題で、「対人臨時費用」のほかに「人身傷害臨時費用」と「対物臨時費用」でも不払いの対象があったと発表した。人身傷害臨時費用では1万5000件、対物臨時費用は1万件規模にのぼった。

 人身傷害臨時費用は、保険契約者自身が自動車事故でけがをした際に一時的に必要となる費用が支払われる契約。入院時の寝間着や差額ベッド代などがあたり、自動車保険の契約に組み込まれており対物臨時費用は、対物事故を起こした時の見舞い費用などを補償する保険で、主に自動車保険に特約で付けていた。

自動車保険の補償がお客様へサービスが向上した結果こんな事故も発生してしまうのでしょう。

契約時にはしっかりと補償を確認し保険金の受け取りをスムーズに行いましょう。

 

 万が一の備えの保険は大丈夫ですか? ご相談ください。トリトンハウスの損害保険!

comment closed

ご連絡先







Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.