Home » まさか保険Blog » 乗用車を運転していた男が「わざとやった」と供述

乗用車を運転していた男が「わざとやった」と供述大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2014.2.23

大館市 街の保険屋さん「自動車事故の損害賠償はどうなる?」

 名古屋駅前の歩道に乗用車が突っ込み、歩行者12人が負傷した事故で、乗用車を運転していた男が愛知県警の調べに対して「わざとやった」と供述、県警は男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、車は西側から交差点に入り、左折してそのまま歩道に乗り上げた。通行人をはねた後、街路樹に衝突して止まったという。名古屋市消防局によると、はねられたのは男性7人・女性5人の計12人で、内訳は10代4人・20代7人・40代1人。現場はJR名古屋駅から南の交差点付近で、百貨店や大型電器店などが密集し、当時も大勢の人が行き来していたようです。

負傷されました12名の方々並びにご関係者皆様にお見舞い申し上げます。

さて、この自動車には自動車保険がついていたのだろうか?ちゃんとついていればその自動車保険で対人賠償保険から負傷者12名は補償されるでしょう。しかし、保険未加入なら・・・

歩行中の交通事故ならご自身の自動車保険の人身傷害保険で補償される場合もございます。
補償される場合もありますということは補償されない場合もございます。

ご自身の自動車保険の見直しをしてみましょう。 保険の相談は地域の代理店をおすすめしております。
保険のセカンドオピニオンは当社へご相談ください。

 http://hoken.toriton.co.jp/?page_id=16

comment closed


Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.