Home » まさか保険Blog » O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる

O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

category : まさか保険Blog 2017.8.21

 

 

 埼玉県は21日、同県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児(5)が溶血性尿毒症症候群(HUS)で意識不明の重体、男児(4)と女性(60)が重症になったと発表した。いずれも入院中で、退院のめどは立っていない。(産経新聞)

 

本日のヤフーニュースでこんな記事が掲載されていました。

被害に合われた女の子が意識不明となっておりとても心配です。早く被害者の方々の回復を願っております。

さて、こんな時の補償はどうなるの?? 治療費・医療費・休業補償・・・・・

お店が、十分な保証できなかったらどうしよう・・・  不安がいっぱい。

逆に、お店は何かあったらどうしよう?・・・・ 不安がいっぱい。

 

私たちのお仕事はそんな不安を解決するお仕事です。お気軽にご相談ください。

comment closed

ご連絡先








Copyright(c) 2017 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.