Home » まさか保険Blog, 保険ニュース » 走行パターン、自動車保険料に反映?

走行パターン、自動車保険料に反映?大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~

走行パターン、自動車保険料に反映? 損保ジャパン検討

 運転する人の走行パターンに合わせた「オーダーメード型」の自動車保険が実現するかもしれない様です。
 損保ジャパンはすでに2013年7月から、契約者の同意を得て、日産自動車の電気自動車「リーフ」の走行データを集めている。車を使う時間帯や走行距離、急ブレーキや急発進の回数などのデータだ。乱暴な運転が多ければ、事故に遭う確率が上がる。そうした契約者の保険料を上げ、安全運転の人は下げることを想定しております。
 いまの保険料は、無事故の期間が長ければ安くなるほか、スポーツカーのように事故が多い車種では高くなる。走行距離が短ければ、保険料が安くなる商品もあるが、実は地域によって損害率は大きく違いがありある地域では損害率が100%を越えている地域があるしまたその反対に低いところもある。


であれば地域ごとの保険割引や割り増しがあってもいいようにも思える。

この東北地域は損害率が比較的低い地域です。
保険料が安くなるのはいいと思います。値上げや値下げが公平であることを望みます。

 

comment closed

ご連絡先







Copyright(c) 2014 大館市の「街の保険屋さん」損害保険代理店<㈲トリトンハウス>~秋田県~損害保険・自動車保険・火災保険・傷害保険・生命保険・医療保険・介護保険・がん保険個人年金保険取り扱い All Rights Reserved.